本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『漱石紀行文集』夏目漱石(岩波文庫)

『漱石紀行文集』夏目漱石、藤井淑禎編(岩波文庫)

2016年
288頁




目次(収録作品)

1 紀行文(満韓ところどころ/倫敦消息/自転車日記/京に着ける夕)
2 小品(入社の辞/元日/病院の春/余と万年筆/初秋の一日)

漱石の満洲,ロンドン,京都を巡る紀行文「満韓ところどころ」「倫敦消息」「自転車日記」「京に着ける夕」をまとめる.漱石の人間,人事,自然を見詰める眼は的確であり,ユーモア溢れる溌剌とした文章で綴られている.近代日本の秀逸な紀行文となっている.小品5篇を併せて収載する.短文ながら文豪の素顔をよく伝えている佳品である.

出典:岩波書店公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする