本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『余はいかにしてキリスト信徒となりしか』内村鑑三(岩波文庫)

『余はいかにしてキリスト信徒となりしか』内村鑑三、鈴木範久訳(岩波文庫)

未読

2017年
416頁




目次

第1章 異教
第2章 キリスト教に入信
第3章 初期の教会
第4章 新教会と信徒の説教
第5章 世の中へー感情的キリスト教
第6章 キリスト教国の第一印象
第7章 キリスト教国にてー慈善事業家のあいだで
第8章 キリスト教国にてーニューイングランドの大学生活
第9章 キリスト教国にてー神学に触れる
第10章 キリスト教国の実感ー帰国

内村鑑三『How I Became a Christian』の新訳。

幕末から明治へ、激動の時代を生きた内村が、自らの魂の変容を記した記録。札幌農学校に進学した青年は上級生に強制されてキリスト信徒となり、新しい自分と世界とを知る。二十四歳で単身渡米、養護院で働き大学に通うなかで、徐々に天命を悟る。傑出した宗教家は、キリスト教の「聖地」アメリカと明治日本で、何を見、経験し、考えたのか。

本書表紙より


[関連]
『余は如何にして基督信徒となりし乎』内村鑑三、鈴木俊郎訳(1958・岩波文庫)旧版
amazon

『余は如何にして基督信徒となりし乎』内村鑑三、鈴木俊郎訳(1935・岩波書店)
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする