本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『民藝とは何か』柳宗悦(講談社学術文庫)

『民藝とは何か』柳宗悦(講談社学術文庫)

未読

2006年
200頁




目次

民藝とは何か
第1篇 なぜ民藝に心を惹かれているか
1.民藝とはいかなる意味か
2.何故特に民藝が論ぜられねばならぬか
3.誰が民藝の美を最初に認めたか
4.私達は民藝の美に盲目であっていいか
5.何故私達に民藝の美が認識されるに至ったか
第2篇 民藝から何を私が学び得たか
1.民藝の美はいかなる世界を示しているか
2.誰の手から民藝の美が生れたか
3.民藝の美は何故健全なるか
4.安い民藝が何故美しくなるか
5.正しい民藝はいかなる社会から起ったか
美の国と民藝
日本民藝館について
民藝の性質
挿絵小註
Nature of Folk-crafts(英文)

「民藝」とは、民衆が日常に使う工藝品である。民家、民具、民画を総称して「民藝」と呼ぶ。「民藝品たること」と「美しく作りたること」には、固い結縁があり、質素こそが慕わしい徳である。このように清貧の美を説いた筆者の理念とは?昭和の初頭に創始され、現在にまで受けつがれる「民藝運動」の精髄を知るための格好の入門書。

出典:講談社BOOK俱楽部

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする