本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『手仕事の日本』柳宗悦(講談社学術文庫)

『手仕事の日本』柳宗悦(講談社学術文庫)

未読

2015年
256頁




目次

前書 手仕事の国
第1章 品物の背景(自然/歴史/固有の伝統)
第2章 日本の品物(現在の事情/関東/東北/中部/北陸/近畿/中国/四国/九州/沖縄)
第3章 品物の性質(三つの問題/職人の功績/実用と美/健康の美)

名もなき工人が作る民衆の日用品の美、「民藝」。大正時代半ばから二十年近い歳月をかけて日本各地で手仕事の「用の美」を調査・収集した柳宗悦は、自然と歴史、そして伝統によって生み出される美を探求し続けた。著者がみずからの目で見、選び取った正しい美しさとはなにか。日本文化が世界的に注目される現代、今なお多くの示唆に富む日本民藝案内。

出典:講談社BOOK俱楽部


[関連]
『手仕事の日本』柳宗悦(1985・岩波文庫)
amazonKindle楽天ブックス楽天kobo

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする