本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『漫画の創り方』 山本おさむ(双葉社)

『漫画の創り方―誰も教えなかったプロのストーリーづくり』
山本おさむ(双葉社)

単行本・A5判(ソフトカバー)

2008年8月30日初版発行
496頁(本文は440頁。巻末に短編漫画が2作収録されている。)

重版未定

定価 3,800円(税別)

漫画家の山本おさむがマンガのプロットの立て方、箱書きのやり方、ネームづくりの方法を丁寧にわかりやすく説明している。

また、著者と高橋留美子の短編作品をくわしく分析している。

漫画家・漫画原作志望者には必読の書。また、本書を読めばマンガ(や映画)を深く知ることができるのでマンガ好きにもすすめる。

値段も高いし絶版のような状態なので、読みたい人は図書館にあたるのも手だ。

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする