本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『東洋的な見方』鈴木大拙(角川ソフィア文庫)

『東洋的な見方』鈴木大拙(角川ソフィア文庫)

未読

2017年
224頁




目次

東洋思想の不二性   
東洋「哲学」について
現代世界と禅の精神
東洋学者の使命
自由・空・只今
このままということ
東洋雑感
「妙」について
人間本来の自由と創造性をのばそう
荘子の一節ーー機械化と創造性との対立への一つの示唆ーー
東洋的なるものーー幽玄な民族の心理ーー
東洋文化の根底にあるもの
近ごろの考え一項
日本人の心

アメリカにおける鈴木大拙博士 『東洋的な見方』の解説にかえて 中村元
最後の大拙 『東洋的な見方』文庫版解説 安藤礼二


[関連]
『新編 東洋的な見方』鈴木大拙(1997・岩波文庫)
amazon楽天ブックス

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする