本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『日本的霊性 完全版』鈴木大拙(角川ソフィア文庫)

『日本的霊性 完全版』鈴木大拙(角川ソフィア文庫)

未読

2010年
473頁




目次

第1篇 鎌倉時代と日本的霊性(情性的生活/日本的霊性の自覚)
第2篇 日本的霊性の顕現(日本的霊性の胎動と仏教/霊性/日本的霊性の主体性)
第3篇 法然上人と念仏称名(平家の没落/浄土系思想の様相/念仏と「文盲」/念仏唱名)
第4篇 妙好人(赤尾の道宗/浅原才市)
第5篇 金剛経の禅(般若即非の論理/「応無所住而生其心」/三世心不可得/禅概観)

精神の根底には霊性(宗教意識)がある――。念仏や禅の本質を生活と結びつけ、法然、親鸞、そして鎌倉時代の禅宗に、真に日本人らしい宗教的な本質を見出す。日本人がもつべき心の支柱を熱く記した代表作。

出典:KADOKAWA 公式サイト


[関連]
『日本的霊性』鈴木大拙(1972・岩波文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする