本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『新訳 弓と禅―付・「武士道的な弓道」講演録』(角川ソフィア文庫)

『新訳 弓と禅―付・「武士道的な弓道」講演録』オイゲン・ヘリゲル、魚住孝至訳(角川ソフィア文庫)

未読

2015年
237頁




目次

講演「武士道的な弓道」

弓と禅
序言
1.はじめに
2.弓道を学び始めた経緯
3.稽古の第一段階――引き分けと呼吸法
4.稽古の第二段階――離れの課題
5.「無心」の離れ――「精神現在」
6.日本の教授法と達人境
7.破門事件と無心の離れ
8.稽古の第三段階――的前射──射裡見性
9.稽古の第四段階――弓道の奥義の示唆
10.剣道と禅との関係
11.術なき術の道から禅へ

(付録) 英語版・ドイツ語版 序文 鈴木大拙


[関連]
『弓と禅』オイゲン・ヘリゲル、稲富栄次郎・上田武訳(1981・福村出版)
弓と禅[amazon]

[参考]
『日本の弓術』オイゲン・ヘリゲル、柴田治三郎訳(1982・岩波文庫)
AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする