本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『大隈重信演説談話集』(岩波文庫)

『大隈重信演説談話集』早稲田大学編(岩波文庫)

未読

2016年
432頁




目次

1 人生を語る・学問を語る(青年に寄せてー生き方の指針/女性へのメッセージ/「学問の独立」-早稲田の学風/教育家たちの思い出)
2 政治を語る・世界を語る(政治はいかにあるべきか/世界のなかで生きるー外交を論ず/東西文明の調和ー文明を論ず/理想を掲げてー世界平和のために)

膨大な演説・談話によって多種多様な論を展開し、社会を啓発しつづけた大隈重信(1838-1922)。かれは青年に何を期待し、新しい時代の女性にいかなるメッセージを送ったのか? かれの政治論・外交論、世界認識・国際路線の構想は? 学問・教育に対するビジョンは? 大隈自身が語る、人生、教育、社会、そして理想。

本書表紙より

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする