本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『大隈重信自叙伝』(岩波文庫)

『大隈重信自叙伝』早稲田大学編(岩波文庫)

未読

2018年
528頁




目次

1 生立ちから征韓論政変まで(少壮時代の教育と境遇ー書生時代の事情/生立ちと義祭同盟/形勢一変と藩主閑叟 ほか)
2 東京専門学校開校前後まで(台湾出兵と西南戦争/開化政策の推進と明治十四年の政変/東京専門学校と立憲改進党の創設)
3 過去を顧みてー追懐談・追懐文(我輩は慈母によりて勤王家となる/余は如何に百難を排して条約改正の難局に当りたる乎/爆弾当時の追懐 ほか)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする