本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ロバート・キャパ写真集』(岩波文庫)

『ロバート・キャパ写真集』ICPロバート・キャパ・アーカイブ編(岩波文庫)

未読

2017年
320頁



スペイン内戦、ノルマンディー上陸作戦、最期の日を迎えたインドシナ――。世界で最も偉大な報道写真家ロバート・キャパが撮影した約七万点のネガから、戦下の光景のみならず、デビュー作〈トロツキーの講演〉や、ヘミングウェイ、ピカソ、イングリッド・バーグマンなどのポートレートまで、約230点を精選。(序言= ICP館長マーク・ルベル、解説= ICP学芸員シンシア・ヤング)

出典:岩波書店 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする