本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『二十四の瞳』壺井栄(岩波文庫)

『二十四の瞳』壺井栄(岩波文庫)

未読

2018年
288頁



瀬戸内の一寒村に赴任した若い女性教師と十二人の生徒の、昭和初期から戦後までの二十数年にわたるふれあいの物語。子供たちを育み守ろうとする先生と、時代の引き起こすきびしさと貧しさに翻弄されながら懸命に生きる子供たち。戦争への怒りと悲しみが訴えかけられる。日本人に読み継がれる壺井栄(1899‐1967)の名作。

本書表紙より

[関連]
『二十四の瞳』壺井栄(改版・新装版2005・新潮文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする