本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『三島由紀夫紀行文集』佐藤秀明編(岩波文庫)

『三島由紀夫紀行文集』三島由紀夫紀、佐藤秀明編(岩波文庫)

未読

2010年
384頁




目次

1(アポロの杯)
2(髭とロタサン/旧教安楽ーサン・パウロにて/マドリッドの大晦日/ニューヨーク ほか)
3(渋谷ー東京の顔/高原ホテル/祇園祭を見て/「潮騒」ロケ随行記 ほか)

三島由紀夫(1925‐70)は、南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア各国を、晩年まで旅行している。『アポロの杯』は、20代の三島の初めての世界旅行の記録。鋭利繊細な感受性を存分に濫費して、旅先の体験を明晰・清新な言葉に刻んでいる。作家の転換点ともなった重要作である。『アポロの杯』の他、海外・国内の24篇の紀行文を精選する。

本書表紙より

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする