本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『もし、日本という国がなかったら』ロジャー・パルバース(角川ソフィア文庫)

『もし、日本という国がなかったら』ロジャー・パルバース、坂野由紀子訳(角川ソフィア文庫)

未読

2019年
336頁




目次

1 ここが、ぼくの国だ――タクシーの窓から見えたもの
2 驚くべき創造力の国へ――ぼくの人生は、あらかじめ準備されていた
3 世界には、誠実で正直な日本が必要だ――京都での生活と若泉敬との出会いから
4 日本人も知らない本当の世界遺産とは――日本美の思想と、宮澤賢治の心
5 「5つの日本」――小さな国に満ちあふれた多様性
6 1960~70年代に現れた革命児たち――日本独自の大衆文化を創った、天才たちの功績
7 世界にも希有な表現者――親友、井上ひさし先生の思い出
8 「戦メリ」の助監督をしてわかったこと――「戦後」は転換期を迎えた
9 日本の文化は「振る舞い」に表れる――日本人だけが持つ礼儀正しさと、特有のユーモアセンス
10 ここではあらゆる場所が「舞台」である――日常における日本人の見事な演劇性
11 世界が気づいた「無私の心」――日本の風土から生まれた利他の精神
12 銀河系を自らの中に意識せよ――「反逆精神」から生まれる、日本独自のオリジナリティ
13 杉浦千畝が世界に示したもの――日本人の良心を世界のモデルにするために
14 真に非宗教的な先進国、日本――世界を対立から救うのは、日本以外にない
15 日本よ、自らと世界を再デザインせよ――空間と時間を再構成する日本文化と日本語の素晴らしさ


[関連]
『もし、日本という国がなかったら』ロジャー・パルバース、坂野由紀子(2011・集英社インターナショナル)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする