本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『感ビジネス 千夜千冊エディション』松岡正剛(角川ソフィア文庫)

『感ビジネス 千夜千冊エディション』松岡正剛(角川ソフィア文庫 L-500-8)

未読

2019年
402頁




目次(収録作品)

第一章 急に変わってきた
ブッシュ&ストーン『ぼくがジョブズに教えたこと』一五四七夜
ウィリアム・パウンドストーン『ビル・ゲイツの面接試験』八八八夜
トーマス・フリードマン『フラット化する世界』一三五九夜
デイビス&マイヤー『インターネット資本論』一一二六夜
カレン・フェラン『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です』一五六〇夜
ニコ・メレ『ビッグの終焉』一五三九夜
佐々木紀彦『5年後、メディアは稼げるか』一五二五夜
近藤大介『中国模式の衝撃』一四七二夜

第二章 合理的な愚か者たち
アマルティア・セン『合理的な愚か者』一三四四夜
ダン・アリエリー『予想どおりに不合理』一三四三夜
レナード・ム ロディナウ『たまたま』一三三〇夜
ナシーム・ニコラス・タレブ『ブラック・スワン』一三三一夜
田渕直也『確率論的思考』一三四〇夜
ジョン・グレイ『グローバリズムという妄想』一三五七夜

第三章 日本人と会社
岡崎哲二『江戸の市場経済』一一一三夜
石田梅岩『都鄙問答』八〇七夜
三上隆三『円の誕生』二五七夜
加来耕三『日本創業者列伝』一一三四夜
佐野眞一『巨怪伝』七六九夜
鈴木治雄対談集『昭和という時代』一一一〇夜
城山三郎『もう、きみには頼まない』五六五夜
本田宗一郎『俺の考え』二七一夜
福原義春『猫と小石とディアギレフ』一一一四夜
金井寿宏『ニューウェーブ・マネジメント』五五四夜

第四章 消費と社会の間
パトリック・ブラントリンガー『パンとサーカス』五六六夜
ボードリヤール『消費社会の神話と構造』六三九夜
エマニュエル・トッド『経済幻想』一三五五夜
渡部亮『アングロサクソン・モデルの本質』一三六六夜
原丈人『新しい資本主義』一三九二夜
岩井克人『会社はこれからどうなるのか』九三七夜


[関連]
松岡正剛の千夜千冊

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする