本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『洞窟オジさん』加村一馬 (小学館文庫)

『洞窟オジさん』加村一馬(小学館文庫)

未読

2015年
301頁




目次

序章
第1章 虐待
第2章 家出
第3章 洞窟生活
第4章 老夫婦
第5章 山菜売り
第6章 自殺未遂
第7章 魚捕り
第8章 初体験
第9章 釣り名人
第10章 墓参り
第11章 社会復帰
第12章 ブルーベリー畑
第13章 夢 
第14章 約束
第15章 ひとりぼっちじゃない

特別対談 加村一馬×リリー・フランキー

解説 吉田照幸  
特別付録 洞窟オジさんのサバイバル術

親の虐待から逃れ13歳で家出。山奥の洞窟に隠れ住み、想像を絶する人生を送りながら、43年後に57歳で“発見”された男の壮絶人生。でも、その生き様は、どこか笑えて、どこか温かくて、どこか胸を打つ!?
まさに、事実は小説より奇なり! 実話をもとにした、ちょっと見たことの無いユニークなドラマです。

出典:小学館 公式サイト

本書は、『洞窟オジさん』加村一馬(2004・小学館)に大幅に加筆し文庫化したもの。

[関連]
『洞窟オジさん―荒野の43年 平成最強のホームレス驚愕の全サバイバルを語る』加村一馬(2004・小学館)
洞窟オジさん[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする