本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『従軍看護婦物語―日赤看護婦の見た中国戦線』水井潔子・水井桂(光人社NF文庫)

『従軍看護婦物語―日赤看護婦の見た中国戦線』水井潔子・水井桂(光人社NF文庫)

未読

2007年
251頁




目次

第1章 延びゆく戦線ー青島から香港へ(青島から徐州へ/患者護送を終えて ほか)
第2章 果てしなき曠野ー錦城陸軍病院(三度受けた召集令状/錦西分院の院内あれこれ ほか)
第3章 敗戦の日からー満州国から帰国(病床の中で/深夜の脱出 ほか)
エピローグ その後の白い航跡(はじめに/戦場を駆け巡った兄弟たち ほか)

26歳から31歳の華麗な時代をなげうって傷病兵のために身命を賭して働いた日本赤十字社看護婦の中国従軍記。兵士に限らず一般市民からも絶大な信頼を寄せられた従軍看護婦の実状と、若き働く女性の素直な心の思いを伝える。敗戦の屈辱の中で逞しく生きた看護婦の赤十字精神の発露を描く感動の体験記。

出典:潮書房光人新社 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする