本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『私は魔境に生きた』島田覚夫(光人社NF文庫)

『私は魔境に生きた―終戦も知らずニューギニアの山奥で原始生活十年』島田覚夫(光人社NF文庫)

未読

2007年
566頁




目次

流転(昭和十七年十二月~十九年六月)
篭城(昭和十九年六月~二十年八月)
原始生活(昭和二十年八月~二十三年一月)
石器時代(昭和二十三年二月~二十四年十月)
鉄器時代(昭和二十五年一月~二十六年十二月)
隠棲発覚(昭和二十七年一月~二十八年二月)
原住民の風習・知恵(昭和二十八年二月~二十八年十二月)
現地官憲に漏れて(昭和二十九年一月~二十九年九月)
生きて祖国へ(昭和二十九年九月~昭和三十年三月)

昭和十九年六月、孤立無援の東部ニューギニアで味方部隊の再来を信じて籠城した日本軍兵士十七名。熱帯雨林の下、飢餓と悪疫、そして掃討戦を克服して生き残った四人の男たちのサバイバル生活を克明に描いた体験記。敗戦を知らず、十年間の“生存”に挑んだ逞しき日本兵たちのノンフィクション。

出典:潮書房光人新社 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする