本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『シベリア俘虜記―兵士の過酷なる抑留体験』穂苅甲子男(光人社NF文庫)

『シベリア俘虜記―兵士の過酷なる抑留体験』穂苅甲子男(光人社NF文庫)

未読

2009年
227頁




目次

捕虜となる/死の行軍/シベリアへ/タイシェットの収容所/生と死の限界/寒さと空腹と闘う/隔離班行き/ラボータ(労働)/ひっくり返された班内/春の訪れ/シベリアよさらば/長い道のり/さらば捕虜生活

生きて日本の土を踏むまでは、こんな所で死んでたまるか!
終戦直前、突然のソ連軍進攻から、騙されてシベリアに送られて、飢えと寒さに耐えぬいた若き日本軍兵士・穗苅甲子男の帰還までの苦難の日々。武器を捨て、降伏の後、シベリアに連行、強制労働を強いられた日本兵58万人。零下60度の中、想像を絶する収容所の生活を耐え抜いた穗苅兵士が、不毛の凍土に倒れ伏した5万5千の戦友の思いを描いた感動作。吉田勇画17点を収載。

amazon商品説明より

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする