本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『サイパン戦車戦―戦車第九連隊の玉砕』下田四郎(光人社NF文庫)

『サイパン戦車戦―戦車第九連隊の玉砕』下田四郎(光人社NF文庫)

未読

2014年
238頁




目次

第1章 鉄の勇者・その光と影
第2章 北境から南溟へ
第3章 地獄の島の死闘

人車一体—戦車を自らの分身と思い、満州の過酷な訓練で鍛えあげた一兵士が孤立無援の玉砕島サイパンで演じられた凄絶な“夜間強襲戦”の全貌をえがく。戦後三〇年、私財を投じて、悲劇の島の熱砂の中から赤錆びた戦車を掘り起こし、故国帰還を成就させた著者が、戦車兵の勇戦健闘の精神を現代に伝える鎮魂譜。

出典:潮書房光人新社 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする