本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『戦艦大和の最後 一高角砲員の苛酷なる原体験』坪井平次(光人社NF文庫)

『戦艦大和の最後 一高角砲員の苛酷なる原体験』坪井平次(光人社NF文庫)

未読

2005年
314頁




目次

第1章 教師として
第2章 大竹海兵団の生活
第3章 「大和」乗り組み
第4章 マリアナ沖海戦
第5章 レイテ沖海戦
第6章 沖縄特攻
第7章 戦艦「大和」死す

日本海軍が技術を結集し、膨大な建造費をついやしながら、その巨体と強力なる武器とを有効につかう機会をもたず、海底に消えた“遅れてきたヒーロー戦艦”「大和」――世界最大最強の巨艦の五番高射砲員として、マリアナ沖、レイテ沖海戦、最後の沖縄特攻出撃に赴いた苛酷なる原体験を書き綴った迫真の海戦記。

出典:潮書房光人新社 公式サイト


[参考]
『戦艦大和ノ最期』吉田満(1994・講談社文芸文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする