本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『声と現象』ジャック・デリダ(ちくま学芸文庫)

『声と現象』ジャック・デリダ、林好雄訳(ちくま学芸文庫)

未読

2005年
334頁



目次

第1章 記号、いくつかの記号
第2章 指標の還元
第3章 独語としての意‐味
第4章 意‐味と表象=代理
第5章 記号と瞬き
第7章 沈黙を守る声
第7章 根源の代補

『La Voix et le phenomene』の翻訳。


[関連]
『声と現象―フッサール現象学における記号の問題への序論』ジャック・デリダ、高橋允昭訳(1970・理想社)
声と現象[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする