本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『「時間」の作法』林望(角川SSC新書)

『「時間」の作法』林望(はやし・のぞむ)(角川SSC新書118)

2011年3月25日初版発行

191頁

著者は、国文学者(書誌学)・エッセイスト・小説家。

本書は、情報整理系の本。

著者が実践する具体的なアイデアをいろいろ紹介している。

メモの取り方、机まわりの整理方法、スピーチする際の心構え、効率的な食器の洗い方等々。

エッセイのようでたいへん読みやすい。

筆者としては、すでに自分で考えて実践しているものも多かったので、それほど得るところはなかった。

一点、指摘しておきたいのは、著者の縦書きはいらないという主張(p.54~)について。
これには、全く賛同できない。日本語の文字は縦に書くようにできている。筆で書くとそれがよくわかる。
和歌や句なども当然縦に書くべきものである。

この点については、国文学者としての見識を疑うところだ。

ビジネス文書系のものは、すべて横書きで統一した方がよい、という主張なら理解できなくはないが。

情報整理系のエッセイと考えれば一読してみてもよい本。

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする