本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ヤノマミ』国分拓(新潮文庫)

『ヤノマミ』国分拓(新潮文庫)

未読

2013年
375頁



目次

序章 闇の中で全く知らない言語に囲まれた記憶
第1章 深い森へ
第2章 雨が降り出し、やがて止む
第3章 囲炉裏ができ、家族が増える
第4章 シャボリとホトカラ
第5章 女たちは森に消える
第6章 シャボリ・バタ、十九度の流転
第7章 彼らは残る
終章 僕たちは去る

アマゾンに暮らす先住民ヤマノミを取材したNHKのドキュメンタリー番組の書籍版。NHKのディレクターの著者は、取材のため彼らと150日間、共に生活した。

第42回(2011年) 大宅壮一ノンフィクション賞受賞作


[関連]
『ヤノマミ』国分拓(2010・NHK出版)単行本

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする