本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『日本近代随筆選1 出会いの時』(岩波文庫)

『日本近代随筆選1 出会いの時』千葉俊二・長谷川郁夫・宗像和重編(岩波文庫)(全3巻)

未読

2016年
352頁




目次(収録作品)

サフラン 森鷗外
桐の花とカステラ 北原白秋
星を拾う 荻原井泉水
秋の七草に添えて 岡本かの子
棋聖・名人を語る 呉清源
ウッチャリ拾い 幸田露伴
走ラヌ名馬 太宰治
私の家 林達夫
触覚について 宮城道雄
柳の説 石川淳

奥常念岳の絶巓に立つ記 小島烏水
浜の月夜/清光館哀史 柳田国男
遍路 斎藤茂吉
玉島円通寺 吉井勇
春深く 久保田万太郎
飯待つ間 正岡子規
予が四十歳 大町桂月
枇杷の花 永井荷風
永遠の感覚 高村光太郎
十年 中島敦

随筆問答 内田魯庵
野崎村のお光さんへ 田村俊子
夢殿の救世観音 広津和郎
文学とは何ぞや 牧野信一
「が」「そして」「しかし」 井伏鱒二
変な音 夏目漱石
雑念 小出楢重
大阪言葉小片 森田たま
世間 里見弴
事実と伝説 伊藤整

末期の眼 川端康成
無常という事 小林秀雄
いろいろの死 尾崎一雄
翠陰居士 川田順
結婚 中勘助
浅草紙 寺田寅彦
雨粒 石原純
雪を作る話 中谷宇吉郎
具象以前 湯川秀樹
鏡のなかの世界/かがみ再論 朝永振一郎

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする