本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『寺田寅彦随筆集 第二巻』小宮豊隆編(岩波文庫)

『寺田寅彦随筆集 第二巻』寺田寅彦、小宮豊隆編(岩波文庫)(全5巻)

未読

1964年
316頁




目次(収録作品)

蓄音機
亮の追憶
一つの思考実験
電車の混雑について
相対性原理側面観
子猫
浮世絵の曲線
二十四年前
解かれた象
伊吹山の句について

路傍の草
備忘録
怪異考
日本楽器の名称
比較言語学における統計的研究法の可能性について
化け物の進化
ルクレチウスと科学
LIBER STUDIORUM
映画時代
時事雑感

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする