本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『叛逆への情熱』(わが人生観21)大杉栄(大和書房)

『叛逆への情熱』(わが人生観21)大杉栄(大和書房)

未読

1971年
245頁




目次

I 模索と啓示
羞恥と貞操
征服の事実
生の拡充
鎖工場
秩序紊乱
近代個人主義の諸相
正義を求める心
直接行動論

II 体験と観察
続獄中記
畜生恋
女の脛の白きを見て
僕の故郷
監獄人
死刑執行人
「俺は捕えられているんだ」
手枷足枷
幾度懲罰を食っても
獄死はいやだ
収賄教誨師
男女関係について 「女房に与えて彼女に対する一情婦を語る文」
お化を見た話
自叙伝の一節

III 転回と出立
労働運動の精神
社会的理想論
日本脱出記
ロシア革命論
労農ロシアの最近労働事情
労農ロシアの労働組合破壊
労農ロシアの新労働運動
労農反対運動の現在および将来

解説〈未完の革命家〉大杉栄 松田政男
年譜


[関連]
わが人生観〈21〉叛逆への情熱 (1973年)[amazon]

わが人生観〈21〉叛逆への情熱 (1971年)[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする