本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『永遠の愛』(わが人生観13)高村光太郎(大和書房)

『永遠の愛』(わが人生観13)高村光太郎(大和書房)
未読

1970年
245頁




目次

愛について―智恵子と私の出会い―
智恵子の半生
智恵子の切抜絵
新茶の幻想
九十九里浜の初夏
某月某日
人生について
趣味という事
女みづから考えよ
女の生きて行く道
岩石のような性格
日常の瑣事にいのちあれ
母性のふところ
若い人へ
玄米四合の問題
美しい生活
生命の創造
若き日の思い出
わたしの青銅時代
青春の日
遍歴の日
美と真実の生活
開墾
みちのく便り
山の春
山の秋
美と真実の生活
詩について
詩について
生きた言葉
所感

解説―智恵子と社会観―藤島宇内 / 231 (0118.jp2)
年譜

わが人生観〈13〉永遠の愛 (1970年)[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする