本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『俳句の五十年』高浜虚子(中公文庫)

『俳句の五十年』高浜虚子(中公文庫)

未読

2018年
269頁




目次

序/維新の松山/学生の気風/「同窓学誌」と碧梧桐/家庭の雰囲気/文学への関心/子規との文通/月並から出発した子規/子規の交友/碧梧桐と「乙二七部集」〔ほか〕

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする