本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『伊藤雅俊 遺す言葉』伊藤雅俊・末村篤(セブン&アイ出版)

『伊藤雅俊 遺す言葉』伊藤雅俊・末村篤(セブン&アイ出版)

未読

2018年
261頁




目次

序章 人より長く生きて、わかったこと
1 生き方の章=母の生き方、兄の生き方、私の生き方
2 確執の章=親族の生き方と、確執
3 感銘の章=生き様に感銘した人たち
4 羅針盤の章=ドラッカー先生との二十年
5 商いの章=心に刻んでほしい、商いの要諦
6 感謝の章=お陰さまの人生
・共に歩んで六十五年=妻・伊藤伸子インタビュー
・人物伝=最後の大商人、伊藤雅俊とその時代/末村篤
・伊藤雅俊年譜
・公益財団法人伊藤謝恩育英財団について


[参考]
『伊藤雅俊の商いのこころ』伊藤雅俊(2003・日本経済新聞社)(日本経済新聞社「私の履歴書」に大幅に加筆し単行本化)
伊藤雅俊の商いのこころ[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする