本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『宮大工棟梁・西岡常一「口伝」の重み』(日経ビジネス人文庫)

『宮大工棟梁・西岡常一「口伝」の重み』西岡常一(日経ビジネス人文庫)

未読

2008年
295頁




「私の履歴書」に、職人や仏教関係者、文化人らのインタビュー・座談会を加えた構成。
西岡常一、唯一の自伝。


目次

第一部 西岡常一の履歴書
 第一章 千年先見通す「口伝」の重み
 第二章 法隆寺を守る“棟梁三代の心”
 第三章 一ノミといえども、疎かにせず

第二部 宮大工棟梁の肖像
 第四章 受け継がれる「口伝」――職人座談会――
 第五章 受け継がれる「こころ」――安田暎胤・薬師寺管長に聞く――
 第六章 「木と話す」文化――河合隼雄・文化庁長官に聞く――
 第七章 父親として――西岡太郎氏・賢二氏に聞く――

西岡常一棟梁への表白文
監修者あとがき
文庫版のためのあとがき
西岡家宮大工三代の足跡
西岡常一がたずさわった古建築 重文・国宝

[関連]
『宮大工棟梁・西岡常一 「口伝」の重み』西岡常一(2005・日本経済新聞社)
宮大工棟梁・西岡常一[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange